社会福祉法人 藁算福祉会 みやら保育園 みやら子宝保育園

理事長の一言

近年、子ども・子育て支援制度が施行され、質の高い保育の確保、保育士の確保等、保育を巡って様々な課題があるところです。子ども達ににとって最善の利益と育ちを守る児童施設みやら保育園・みやら子宝保育園は、子どもが心身ともに健やかに育ち、すくすくと成長できますように支援して参りたいと思います。

ill

皆さん、こんにちは。
私たち「みやら保育園」「みやら子宝保育園」は、子どもたちにとって「もうひとつの家族でありたい」と思う願いのもと、何よりも子どもと保護者の気持ちを大切に致します。
保育の内容は、モンテッソーリ教育・歌とリズム運動・エイサー・わらべ歌等、また保育園の農園では、野菜や果物の苗を植えると共にそれらを収穫する等の自然体験活動にも力を入れ、個性豊かな、健やかな子どもを育ててまいります。
子ども達が毎日楽しく生活し、保護者の皆様にも安心していただけるような保育園とする為には、保護者や地域の方のご協力があってはじめて実現できることだと思います。
大切なお子様を安心して預けられるように、皆様のご支援をいただきながら私たちは全力を尽くしてまいります。

社会福祉法人 藁算福祉会 理事長
みやら保育園 園長 宮良 實守

保育理念

本園は、すべての子どもが、平和に暮らせるように楽しく平和に「生きる」ことの重要性を伝え、一人ひとりの子どもが健やかに成長していくためには、安全、安心して楽しく生活できる環境を整え、子どもの健全な心身の発達を図ることを目的とします。
 
そこで、乳幼児(就学前)の子どもを対象とし、子どもの人権や主体性を尊重して子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場とします。
 
家庭や地域と共に支え合い連携を図りながら、保護者や家庭に対する支援及び援助を行います。

保育方針

本園は、子どもの生命の保持と情緒の安定を図ることを最も大切にし、子どもが現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培う。なおかつ、一人ひとりの子どもの秘めた能力や可能性を引き出し、子どもの成長の手助けとして、養護と教育が一体となって心豊かな人間性を持った子どもを育成する。また、人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感を大切にし、自主、協調の態度、道徳的心情が培われ「思いやり」のある人間性を持った子どもを育成する。

保育目標

心身ともに健康で、丈夫な明るい子どもを育てる。
心の豊かな、元気いっぱいたくましい子どもを育てる。
生きる力、育つ力、自立への力を持った子どもを育てる。
基本的な生活習慣が身についた子どもを育てる。